ダポキセチンで早漏を改善しよう

ダポキセチンはセロトニンの取り込みを阻害するSSRIと呼ばれる抗鬱剤に使用されている成分であり、それが早漏にも効くとわかり現在使用されています。ダポキセチンについて詳しく知ってみませんか?

素人の早漏対策のためのダポキセチン

素人が早漏対策のためにダポキセチンを服用することは副作用の心配などを考えると継続をすることが難しいので、早漏などの専門クリニックから処方されたものを服用するほうが安心して服用することができます。素人の早漏対策として難易度が低いものとしては、早漏専用の厚めのコンドームを使用する方法があり、亀頭に対する刺激にある程度耐えることができるので、射精までの時間を長くすることができます。またスプレータイプの早漏改善薬などを使った対策もできるので、素人がダポキセチンを服用しなくてもある程度の治療をすることができます。ダポキセチンは抗うつ薬やパニック障害の治療に使われる薬なのでセックスに対する恐怖心や不安な気持ちを克服するために役に立ちます。早漏を根本的に治療するためには精神的なストレスなどを克服することが大切なのですが、ダポキセチンは緊張感や脳内の興奮を抑えることができるので根本的に早漏を改善することができます。素人が早漏治療をする場合には手段が限られていて、さらに専門的な知識が無いので、ダポキセチンなどを服用する場合には薬のマニュアルをしっかりと読んで、使用法を守ることが大切です。早漏は一時的な場合が多いので射精の時間が短い場合でもあまり気にせずにセックスを続けることで改善することがあります。また認知行動療法などを修得することで精神的な不安感を取り除くことができるので、セックスに対する根拠の無い恐怖心をなくすことができます。ダポキセチンを服用する場合には数カ月間の継続的な服用が必要となるので、他の治療法よりも費用がかかる可能性があります。また自分の判断で服用を中止することで副作用が起きることがあります。