ダポキセチンで早漏を改善しよう

ダポキセチンはセロトニンの取り込みを阻害するSSRIと呼ばれる抗鬱剤に使用されている成分であり、それが早漏にも効くとわかり現在使用されています。ダポキセチンについて詳しく知ってみませんか?

早漏克服はダポキセチンによる解決法で

早漏克服のためには、原因を把握しなければいけません。
脳が興奮して早く射精してしまうなら、ダポキセチンを含む薬がおすすめです。
個人輸入代行サイトには、ダポキセチンを有効成分とする薬が沢山販売されています。
医師の処方箋なしで購入できますし、1錠あたりの価格が非常に安いです。
ビール1本程度の値段で購入できるので、コストをかけない早漏の解決法として最適でしょう。

ダポキセチンで克服できる早漏のタイプは過敏性です。
ペニスが刺激に弱く、すぐに射精してしまう場合です。
ただし、膣の刺激に弱くて1分や3分で射精してしまう場合は早漏に該当しますが、オナニーで早い場合は該当しません。
逆にオナニーでは30分持つけど、SEXでは1分しか持たないという場合は完全なる早漏です。
本来、手の感触と比較して膣の感触は弱いのですが、脳が興奮すると異常に気持ちよく感じてしまうのです。
錯覚的な問題ですが、脳が実際の感触以上に快感と認識することで、早く射精を促してしまうのです。
過敏性早漏の解決法としては、ダポキセチンで自律神経を安定させる克服法が効果的です。
心身を落ち着かせることで、冷静な気持ちでSEXにのぞめるのです。
SEXにとって異常な脳の興奮、過度の緊張などは不要なものです。
適度な興奮がなければペニスが勃起しませんが、興奮しすぎる状態も問題があるのです。
SEX経験が少ない、または予期せぬシチュエーションによる過度の興奮を感じている、といった状態では暴発する可能性が高いので、ダポキセチンを飲んでおくといいでしょう。
ダポキセチンは個人輸入で購入すると薬価が安いので、コストを抑えた早漏解決法として最適です。
薬の種類にもよりますが、安いものだと1錠200円しません。