ダポキセチンで早漏を改善しよう

ダポキセチンで早漏を改善しよう

ダポキセチンはセロトニンの取り込みを阻害するSSRIと呼ばれる抗鬱剤に使用されている成分であり、それが早漏にも効くとわかり現在使用されています。ダポキセチンについて詳しく知ってみませんか?

ダポキセチンを飲めない人

早漏防止に絶大な効果があり、人気となっているダポキセチンは、ヨーロッパ各国などではすでに医薬品として認可されている安全性の高い成分です。とはいえ、薬効のあるものですから、用法や注意事項を守り、正しく服用する必要があります。ダポキセチンは成分の名称であり、成分含有のお薬が多数開発されています。多くの場合用法や用量などはどの製品も同じですが、購入の際にはそれぞれの薬の注意事項などをよく確認しましょう。早漏治療薬として非常に効果があり、利便性も高いダポキセチンですが、体質などによって飲めない場合もあります。ほとんどのダポキセチン含有薬に共通している注意事項として、女性の服用は禁止されています。使用してよいのは18歳以上64歳以下の男性のみとなっています。65歳を超える方の場合、医師と相談しながら、服用を検討しましょう。また、肝臓の疾患や、不整脈などの心臓疾患がある場合も、服用できません。うつ病やてんかん、低血圧の方も避けたほうが良いとされています。これは何故かといいますと、ダポキセチンを服用時は血圧が下がり気味になる場合があるからです。また、体質に関わらず、アルコール摂取時の服用はできません。安全性の高い薬でも、副作用がまったく無いわけではありません。ダポキセチンの場合、10パーセント程度の確率でめまいや下痢などが起こる場合があります。5時間程度で血中濃度がほぼ0になるため、深刻な症状になることはありませんが、長く続く場合や心配な時は医師に相談しましょう。ダポキセチンを使用することで、多くの男性が自信を深め、充実した性生活をおくっています。早漏の原因には過度の緊張などもあるとされており、まずは自信と余裕を回復することが有効です。

ダポキセチンってこんなにすごい

ダポキセチンのすごい点は、その即効性にあります。行為の1時間前に服用するだけで、すぐに効果が現れるのです。「今日こそは…」そんな日に、手軽に射精をコントロールできるようになる、とても便利な薬です。ダポキセチンは、もともとは抗うつ薬として開発されました。しかし、服用している患者から「射精が遅くなった」と報告があり、早漏の治療薬として注目を集めるようになったのです。ダポキセチンが射精を遅くする秘密は、「セロトニンの分泌」にあります。セロトニンとは脳内物質のひとつであり、興奮をしずめる作用を持っています。ダポキセチンはこのセロトニンの分泌を活発にしてくれる成分です。脳にセロトニンが増加すると、興奮をつかさどるアドレナリンの働きが抑えられます。適度なリラックス状態をもたらし、射精のタイミングを先延ばしにしてくれるのです。こうした効果から、勃起不全の治療薬としても注目されています。脳の過度な緊張を解きほぐし、自然な体の働きを手助けしてくれるのです。また、ダポキセチンは「体外への排出が早い」点にも優れています。服用後1時間で効果がピークに達し、その後速やかに体外に排出されるのです。そのため、副作用の心配が少なく、安全性が高い薬であるといえます。射精時間をコントロールできるということは、大きな自信の源となります。また、パートナーに深い満足を与えることで、関係をより深めてくれる効果も期待できます。ダポキセチンは欧米などで医薬品として認可されており、様々な製品が販売されています。日本国内ではまだ認可されていませんが、海外医薬品の通販サイトや個人輸入代行サイトなどを利用することで、安価に手に入れることも可能です。

ダポキセチン使用のジェネリック

年々うつ病患者は増加傾向にあります。厚生労働省によると1996年に43万人だった患者数が2008年には104万人と急速に患者数が増加しています。必ずしもうつ病を発症する率が高まっているというわけではなく、うつ病に対する啓蒙活動により確認されているうつ病患者の数が増加していることも要因にあるようです。うつ病などの精神面の病気に対する知識や理解も深まっているといえるでしょう。また、抗うつ薬の薬品も多く治療薬として使われています。ダポキセチンという薬は抗うつ薬として処方されています。ですが、最近ではダポキセチンが早漏に効くことがわかり、早漏対策としての薬品としても使用されるようになりました。抗うつ薬として服用している人が射精が遅くなったという声があがったために、そこに注目することになったようです。うつ病と早漏で悩んでいる方にとってはメリットが大きい薬ではないでしょうか。早漏の原因として考えられているのが、興奮しすぎることです。ダポキセチンは、脳内のセロトニン分泌を促すことでこの興奮状態を抑えます。これまで、早漏に効く薬はなかったため、ダポキセチンは早漏対策として最も有効な薬となっています。ダポキセチンのジェネリックも多く販売されており、ED(勃起不全)と早漏の両方に効果のあるジェネリック薬品も販売されています。早漏だけでなくEDにも悩まされている方は、試してみる価値があるでしょう。ジェネリックを検索する際の注意点として、ダポキセチンはプリリジーとも表記されていますので、こちらのキーワードも合わせて検索してみると良いでしょう。ただし、ダポキセチン使用による副作用として下痢、吐き気、めまい、頭痛などがあります。副作用を起こす人は少ないと言われていますが、自分自身がならないとは限りません。万一、ひどい副作用が起こってしまった時は医師に相談して、服用を中止するなどの措置を取りましょう。
●早漏で気分が落ち込んでいる方
早漏は怖くない
●EDにも悩んでいる方は
スーパーカマグラで素敵な夜を
●ダポキセチンを含む経口摂取タイプの治療薬です
プリリジーの処方はこちらから